ナンバー落ち、未登録車とは?

ナンバー落ちと未登録車の違い

未使用車に関連する言葉は、業界用語のようなものが多くて、消費者にとってはわかりづらいものですよね。

 

例えば、「未登録車」というものもあったりします。
これは一体どういった種類の車を意味しているのでしょうか?
このページで解説していきたいと思います。

 

ですが、説明をわかりやすくする為に、まずは「ナンバー落ち」の意味から確認しておきましょう!

 

ナンバー落ち

「ナンバー落ち」というのは、ディーラーなどの販売店さんが使う業界用語のことで「未使用車」と同じ意味になります。

 

ナンバー落ち

 

なぜ未使用車のことを、そう呼ぶのかというと、それは既に「名義登録済で自動車ナンバーも付いているもの」だと考えるとわかりやすいです。

 

登録済で自動車ナンバーが付いてしまっているけど、誰も乗っていない新車同然の自動車が未使用車でしたね。

 

「新品ではないけど、ほぼ新しいも同然」

 

そういった新車との比較で「落ち」という表現が付けられて、業界では「ナンバー落ち」と呼ばれています。

 

未登録車とは?

続いて「未登録車」についてです。
新古車と同じ意味である「未使用車」は、何だかんだいって「登録済み」でしたよね。

 

言い換えれば、手続き済みであるからこそ、法律的に新車扱いでは決して販売することができず「中古車扱い」としての未使用車という呼び名で売られているわけですね。

 

もう少しわかりやすく「登録済未使用車」と呼ばれることもあります。
一方、未登録車というのは、まだ名義申請がされていない自動車のことです。

 

名義登録がされていないからといってピカピカの新品かというとそうではなく、新車よりも車両本体価格が値引きされている場合は、それなりに理由があって販売されています。

 

その理由に関しては、販売店の店員さんに必ず確認するようにしてもらいですが、よくある理由としては、

  • ディーラーの展示車だったもの
  • 名義変更前にキャンセルになってしまったもの

というような理由があります。

 

つまり、ナンバー落ち(未使用車)と未登録の違いは、

  • 名義登録されているか?
  • されていないか?

ということになります。

 

どちらがお買い得?

まだ登録されていない方が、一見、良さそうに感じますが、一概にそうとは言えません。

 

なぜなら、展示車として飾られていた未登録車でしたら、当然ながら色々な人に触られて傷ができている可能性もあります。

 

それならば、登録済みとは言え、まだ誰にも乗られていない未使用車の方が、よほど新車に近いコンディションのはずです。

 

この比較はケースバイケースになって、どちらが良いとは断定できませんので、一番良い方法は、「価格」と「理由」この2つの情報を確認して判断することだと思います。

 

安い車を探す時は、両方を検討対象にして探してみましょう!


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!