試乗車と未使用車が異なる点

試乗車下ろしとの違い

未使用車を探していると「試乗車下ろし」の車を発見することができるかもしれません。

 

この「試乗車下ろし」というのは、どういった過程を経て売りに出されている車なのでしょうか?

 

それはご存知の方も多いと思いますが、ディーラーの試乗サービスで使われていた車のことですね。

 

試し乗り用でした

 

新車を購入したい方が、買う前に実際の道路を走って乗り心地を体験する時に、ディーラーが試し乗りできる車として用意している車です。

 

ですから、名義はディーラーとなっており、中古車のように誰かがオーナーになって使われていたというようなことはありません。

 

乗られた回数によって走行距離が異なってくるとは思いますが、基本的には1万キロ以内で収まっていると思います。

 

未使用車との比較

「未使用車」というのは、中古車のように誰かがオーナーになった車でもありませんし、試乗車として使われていた車でもありません。

 

なので、一般的には走行距離は100キロ以内であることが多いです。

 

試乗車の場合は、通常1000キロ〜1万キロは走りますので、比較するとなると、まず「走行距離」が大きく異なってきます。

 

従って、全体的なコンディション的も、

  • 中古車の上
  • 未使用車・新車の下

というような感覚になってくると思います。

 

ですが、その分メリットとなるのが「値段の安さ」です。

 

走行距離が多い分だけ、未使用車よりも安く購入できるので、コンディションの良い中古車がお得に手に入ると考えれば非常にお買い得ではないかと思います。

 

メーターの改ざん

試乗車から下ろした場合、走行距離は1000キロ〜1万キロは行くのが普通です。

 

ですが、たまに1000キロ未満の試乗車下ろしというのも見かけます。

 

その場合は、

  • たまたま回数が少なかった
  • メーターを改ざんしている

という2つの理由が考えられます。

 

不人気車種で乗られる回数も少なかったのであれば、それは掘り出し物ということになりますが、メーターを改ざんしている場合はかなり悪質です。

 

実際にメーターの改ざんは一部で行われていることですので、

  • お店自体の信頼性
  • なぜ走行距離が少ないのかの理由

これらをきちんと確認した上で購入を決断されることをお勧めします。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!