ディーラーで見本として置かれていた展示車

展示車との比較

ディーラー系の中古車屋さんなどで未使用車や試乗車などと同じように値下げして販売されているのが展示車ですよね。

 

展示車というのは、一体、何に使われていたのかというと、ディーラーの室内の中で見本として飾られていた車のことです。

 

洋服屋さんで言えば、マネキンに着させられている洋服のことになります。

 

コンディション的には、ショールームの中で走らない試乗をされたり、色々な人に触られたりはしますが、走行距離は低いままという特徴を持っています。

 

それでは、

では、どれがお得なのでしょうか?

 

これが、非常にややこしいところなので、一つ一つ整理して確認していきたいと思います。

 

展示車

まず展示車ですが、ディーラーに飾られている車にはナンバーが付いているでしょうか?

 

ディーラー等で飾られていました

 

付いていないですよね。おそらく自動車メーカーの名前が書かれたカバーがされていると思います。

 

ということは、展示車というのは、陸運局に登録されていない「新車」ということになるのですね。

 

【デメリット】

ですが、デメリットとして室内で試乗されたり、色々な人に触られたりします。

 

【メリット】

反対にメリットとしては、法的に新車であること。
そして、ディーラーのショールームに飾られている車なので、お客さんに買ってもらえるような工夫がされています。

 

どんな工夫がされているのかというと、

  • 実は高グレード
  • 内装やオプションの装備充実
  • エアロやホイールにもお金がかけられています

などなど。

 

それらの装備が付いているにも関わらず、割安の値段で買えるというのが、展示車の最大のメリットになります。

 

もちろん、走行距離も少ないので、手元に来るまでに100キロは超えていない状態で手にすることができます。

 

走行的な面では、ほぼ新車と言って間違いないと思います。

 

未使用車

【デメリット】

未使用車というのは、ディーラー名義で登録されている車なので分類的には「中古車」になってしまいます。

 

【メリット】

ですが、コンディション的には展示車と同じく、外では、ほとんど走行されていないので、ほぼ新車と同じです。

 

走行距離も100キロ以下で手に入れられると思います。

 

また、色々な人に触られたりすることがないので、さらに新品に近いコンディションと言うことができます。

 

ただし、分類的には展示車が「新車」、未使用車は「中古車」という、非常にややこしい矛盾が発生してしまっているのです。

 

少しややこしいと思われた方は、このページを最初から読んで頂ければ、きっと理解して頂けると思います。

 

ですから、展示車と未使用車での比較でしたら、ほとんどコンディション的にも変わりませんので、より自分の希望に近い方で選んで良いと思います。

 

そもそも、両方ともに、台数が少ないですし非常に人気が高いですから、自分の欲しい車種や色に出会った瞬間に即決しないと、すぐに他の人に買われてしまいます。

 

どちらかに出会って、割安だと思ったら、すぐに購入の意思を販売店の店員さんに見せるようにしましょう!

 

試乗車

最後に試乗車ですが、これは上記2つ違い、明らかに中古車扱いにしても良いと思います。

 

もちろん、誰か特定の人がオーナーになったわけではないのですが、試乗車として少なくとも数百キロ、通常1000キロ以上は走っているものです。

 

ですから、新車を検討している方にとっては、中古車である試乗車を検討対象にするかどうかは微妙な判断ですよね。

 

ですが、比較的、走行距離が少なく、コンディションの良い中古車なので、新車よりかなり安く買えることを考えると個人的にはお得な車だと思います。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!