在庫車とは?

在庫車と何が違うの?

未使用車というのは、ディーラーなどの販売店が既に自社で新車登録済みである車のことでした。

 

登録するところまで行わないと販売数にはカウントされないので、ノルマ達成や報奨金を貰うために、自社で手続きしてしまうのですね。

 

それで、それらの車は未使用車として、新車よりも1割〜2割ほど安くなって売られているのです。

 

それでは「在庫車」というのは、どんな車でしょうか。

 

一時的に倉庫に置いてある車のこと

 

未使用車と同じように登録済みの車のことでしょうか?
在庫というくらいなので、売れなくて、ずっと倉庫に眠っている車のことでしょうか?

 

実は、在庫車とは、まだ登録もされていない車のことで、しかも決して売れていない不人気車種というわけでもありません。

 

むしろ、人気車種であるからこそ在庫車になっている場合もあります。
それは、どういうことなのか見ていきましょう!

 

在庫車とは?

ディーラーで新車を購入したことがある方はご存知だと思いますが、契約を交わしてから何だかんだで1ヶ月ほどはかかってしまいますよね。

 

販売店としては、その期間がもったいないということで、絶対売れるという人気車種に関しては、売れそうな分だけ先にメーカーに発注をかけておいて、自社の倉庫にストックしておくことがあるのです。

 

本来なら人気なので、ディーラーはじっくりと売っていけば良いのですが、時に売り急ぎたい時が出てきます。

 

例えば、

  1. 人気車種だと思って在庫車にしたら、思ったより売れなかった
  2. 3月の決算だから1台でも多く売りたい

というような場合です。

 

(1)思ったより売れなかった

まずは「人気車種だと思って在庫車にしたら、思ったより売れなかった」という場合ですが、この場合、ディーラーとしては、そのまま倉庫に眠らせておいたら、ますますモデルが古くなって非常にまずいことになりますよね。

 

ですから、新車よりも2倍ほどの値下げをしてでも売り切る作戦に出てきます。

 

また、新車の場合、メーカーから出荷されて9ヶ月以内であれば、陸運局で登録する際に書類だけで手続きが完了することができますが、9ヶ月を過ぎると実物の車を陸運局まで持って行かないと手続きができなくなってしまうのです。

 

これは非常に面倒な手続きになります。
なので、同じ在庫車でも、9ヶ月に近いモノであればあるほど、大きな値下げが期待できると考えて良いと思います。

 

実際は登録前の新車ですから、車種やグレード、カラーに問題がなければ、かなり安く購入することができるのです。

 

(2)決算だから多く売りたい

つぎに「3月だから1台でも多く売りたい」に関しては、決算月には自動車メーカーの方からディーラーに対して、ものすごい販売プレッシャーがかけられるのですね。

 

その代わり、ノルマを達成したディーラーに対しては、メーカー様から莫大な販売報奨金が支給されるのです。

 

ところで在庫車ですが、この車は倉庫に眠っているだけで新車登録されていない車のことでしたよね。

 

実は、販売台数というのは、陸運局で登録して始めて数字としてカウントされることになっています。

 

ですから、在庫車は台数のうちに入らないのですね。

 

なので、決算月に1台でも多く売りたいディーラーは、大幅値下げしてでも売ってしまおうとするので、3月や中間決算である9月にお店に行くと「在庫車であれば、もっとお安くできますよ」というようなセールストークが行われるのです。

 

上記で説明したように基本的には、ほぼ新車が倉庫で保管されていただけのものですから、コンディション的には問題ありませんし、お得な車として購入を検討しても問題ないと思います。

 

ちなみに、決算月にディーラーが頑張って在庫車を販売したとしても、それでもノルマが達成できそうにない時に行われるのが、新車を自社購入するということですね。

 

そして、それらの車が翌月から「未使用車」として売られるわけです。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!