未使用車にオプションは付けられるの?

オプションの制限がある

未使用車のデメリットをいくつか紹介していますが、ここではオプションの制限について紹介したいと思います。

 

ですが、未使用車のオプション制限について解説する前に、まずは理解しやすいように種類について振り返っておきましょう。

 

メーカーオプション

通常、新車を購入する時は、まずディーラーなどの販売店で購入契約や頭金の支払いが行われますよね。

 

すると、何が行われるかというと自動車メーカーの工場で生産が始まります。
この時の生産途中に付けられるのが「メーカーオプション」です。

 

これには大型のものが多く、完成後の後付けもできません。
例えば、

  • サンルーフ
  • パワースライドドア
  • パワーウインドウ
  • 純正カーナビ

などが当てはまります。

 

そして、自動車メーカーでの組み立てが終わると、ディーラーの工場に運ばれてディーラーオプションが付けられる手順となります。

 

ディーラーオプション

「ディーラーオプション(販売店装着)」というのは、基本的に後からでも付けられるものを言います。

 

例えば、

  • ドアバイザー
  • シートカバー
  • エアロ
  • ホイール
  • フォグランプ

などのことですね。

 

これで「メーカー」と「ディーラー」の違いが、よく理解できましたよね。
それでは、ようやく未使用車のオプション制限の話題に入っていきましょう!

 

未使用車の場合

未使用車というのは、ディーラーが販売台数を増やすために自分の名義で新車を購入してしまった車のことですよね。

 

付属品について

 

つまり、既にメーカーの工場を出てしまっているのです。
そしてメーカーオプションは後付けができませんから、つまり未使用車には付けられないということになります。

 

一方、ディーラーオプションは、ディーラーの工場で後付けができるもののことでしたよね。
ですから、買う時には、ディーラーオプションは装備することができるということになります。

 

ただし、新車の時のようにディーラーオプションで大幅値下げしてもらうような交渉は、既に車両本体価格が割引きされている未使用車では難しいので、その点は頭に入れておくと良いと思います。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!