未使用車の車検有効期間は短い

車検が短くなるのがデメリット

新車の車検有効期間は、乗用車であれば、

  • 初回3年(以後は2年ごとに更新)

となります。

 

そして、この車検有効期間というのは、陸運局に新車登録した日からカウントされていきます。

 

未使用車の場合は、この車検有効期間が短くなってしまうのがデメリットとして挙げられるのですが、どうして、ほぼ新車のはずなのに3年丸ごとの期間がないのでしょうか?

 

それは、未使用車というものが、どのように誕生するのかということを知ると、とても簡単に理解することができます。

 

登録済み

未使用車というのは、自動車メーカー系のディーラーが、

  • 販売ノルマを達成するため
  • 販売報奨金を貰えるようにするため

に、自分達で新車を購入して販売台数を増やすことで生まれる車でしたよね。

 

ディーラーの販売台数としてカウントするためには、新車を自動車メーカーに発注するだけではなく、陸運局に登録する必要があります。

 

ですから、未使用車というものは、ディーラー名義で「登録済み」の車なわけですね。

 

つまり、状態は「新車」なのに、法的には「中古車」というクルマは、このようにして誕生するわけです。

 

車検有効期間

「車検有効期間」というものは、新車の場合3年間となりますが、このカウントが始まるのは、最初の方にも書いた通り「陸運局で登録した日」からなのですね。

 

期間が少し短いです

 

決して未使用車を購入した日ではないのです。

 

ですから、その車が未使用車となって3ヶ月間が経過していたら、車検有効期間は、

  • 3年−3ヶ月=2年9ヶ月

しかないということですね。

 

これが、購入する際のデメリットとして挙げられるのです。

 

ですが、普通の未使用車であれば、遅くとも半年から9ヶ月以内には、どなたかに買われてしまいます。

 

たった半年や9ヶ月間だけ車検有効期間が減るのを気にしなければ、あまり大きなデメリットとは言えないと思います。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!