車の自動ブレーキはどんな仕組み?

自動ブレーキシステムとスモールオーバーラップ

最近、自動車のテレビCMでよく耳にするのが「自動ブレーキシステム」です。
万が一の時や、冷やっとした時に強い味方となる安全装置です。

 

もちろん、自動ブレーキシステムがあるから、安全運転を心がけなくていいわけではありません。
自動ブレーキシステムが作動する速度も決まっていますからね

 

自動ブレーキシステムのキモは監視ディバイスにあります

自動ブレーキシステムは、実はものすごいハイテクディバイスなのです。

 

自動ブレーキシステムとは?

 

なぜでしょうか?
目の前に危険が現れた!ということを自動で察知してくれるからなのです。

 

どれだけはやく、そして正確に危険(つまり障害物)を察知できるのか?
この監視ディバイスが自動ブレーキシステムの大きな肝になります。

 

現在、監視ディバイスは、

  1. ミリ波レーダー
  2. 赤外線レーザー
  3. カメラ

の3種類あります。

 

この中で一番わかりやすいのがカメラです

デジカメと同じ理屈で前方を撮影(監視)し、その映像を解析します。

 

わかりにくいのがミリ波レーダー、赤外線レーザー

ミリ波とか赤外線という単語を含めるとわかりにくいので、レーダーと、レーザーって単位で考えてください。

 

レーダーとは電波を対象物に向けて発射し、その反射波を測定することによって距離を測る仕組みです。
ミサイルや、戦闘機の襲来を測る仕組みと原理は一緒です。

 

一方、レーザーとは光を増幅して放射するレーザー装置を意味します。

 

サッカー日本代表の試合中、観客席からレーザーポインターで狙われた!
って話に出てくることと原理は同じです。

 

この説明からわかっていただいたかと思いますが、それぞれに長所と短所があります。

 

ミリ波レーダーは遠くまで届きますが、高価です。
赤外線レーザーは安価ですが、短い距離しか届きません。
カメラは安価ですが、濃霧や、豪雨、強い西日では正しく認識されない恐れがあります。

 

それぞれのメーカーの自動ブレーキシステムの仕組み

国産メーカーで自動ブレーキシステムを大々的に謳っているのが、スバルとマツダです。

 

スバルはカメラを採用し、マツダは赤外線レーザーを採用しています。
この他ですと、

  • スズキがミリ波レーダー
  • ダイハツが赤外線レーザー
  • ニッサンがカメラ

を採用しています。

 

各社それぞれ自動ブレーキシステムは異なります。
どこがどう異なるかは、先ほどの説明を読んだ後、各社のカタログを読むと、違いがはっきりわかると思いますよ!

 

スモールオーバーラップ

日本車は安全と言われています。
クルマのTVCMは自動ブレーキシステムばかりですが、自動車メーカーのサイトに訪れ、それぞれの車種のページを見ていきますと、自社のクルマがどれだけ安全なのかを事細かに語っていたりするわけです。

 

事細かに語ってもなかなか読んでくれるユーザーは少ないわけで、クルマの安全性能をわかりやすく星印でランク付けをしていたりするのです(このランク付けは自動車事故対策機構、通称JNCAPがテストを行い、発表しているものです)。

 

ですが、すべての車種がほぼ最高水準に揃っているのが現状なので、安全性に差がないのです。
どのクルマを選んでも、大丈夫。そんな状況になっています。

 

ところが、この状況に風穴を開けるような、黒船てきなキーワードが現れました。
それがスモールオーバーラップです。

 

スモールオーバーラップとは?

スモールオーバーラップとはアメリカの道路安全保険協会(通称IIHS)が新たに始めた衝突実験です。

 

今まで衝突実験は、真正面からや、真後ろや、真横から、斜め前から(角度はちゃんと決まっています)クルマをぶつけてその安全性能を測っていました。

 

斜め前からぶつける角度が今まで40度だったのですが、これに角度25度が追加されたのです。

 

25度前方から障害物にどっか〜ん!
とぶつかるテストのことをスモールオーバーラップ(もしくは、スモールオフセット)というのですね。

 

実は、これに対応している日本車って殆ど無いのです。
それはナゼでしょうか?

 

このスモールオフセット以外の衝突実験は、それこそクルマの骨格だけを強化すれば乗り切ることが出来ました。
しかし、スモールオフセットに対応するにはクルマのボディまるごとを見直す必要があるのです。

 

クルマの開発期間ってけっこう長期間なのです。
そのため、スモールオフセットに対応した新しいクルマ自体が、まだまだ少ないのですね。

 

クルマを安全性で比較したい。
そう思う貴方は、選ぼうとしているクルマがスモールオフセットに対応しているのか(スモールオフセットで好評価を得ているのか)チェックすることをおすすめします!


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!