走行していないのが未使用車

走行距離

走行距離に関しても、登録期間と同じで、

  • 何キロ以内なら未使用車となり
  • 何キロ以上なら中古車としての扱いになる

という明確な基準がありません。

 

ですから、判断基準としては業界の相場に頼るしかありません。
また、コンディションの良い未使用車を見分けるためには「登録期間」よりも「走行距離」で判断した方が確実です。

 

走った距離をチェックしよう!

 

なぜなら走った距離によって「なぜ未使用車になったのか?」ということを、ある程度は推測できてしまうからです。

 

それでは、適性な走行距離というのは何キロなのでしょうか?

 

10キロ未満

未使用車というのは、基本的には、ディーラーが自社で名義登録をして販売台数を増やす目的のためだけに生まれてくる車です。

 

ですから、走行距離というのは、

  • 手続きの時
  • 移動の時

などに走る数kmから10km以内で収まっているはずなのです。

 

逆に言えば、走った距離が短い未使用車に関しては、ディーラーが報奨金目的で自社登録した「新車同然のクルマ」ということを見分けるポイントにもなり得るということなのです。

 

つまり、私たち消費者の立場としては、できるだけ走行距離が短いものを選んでおけば、それだけ新車に近いものだと判断することができるということです。

 

コンディション良

未使用車として販売されていて、走行距離が10キロ未満の場合、かなりコンディションの良い未使用車と判断できます。

 

ほぼ新車と同じような状態で乗り始めることができるでしょう!

 

なぜなら10キロ未満ということは、新車登録されてから、他の用途で使われることなく未使用車として販売されている可能性が高いからです。

 

例えば、

  • ディーラーのショールームに展示車として使われた
  • 試乗車として使われた
  • 代車として貸し出され、数日、外で走った

などに使われた場合、走行距離10キロは間違いなく超えてきます。

 

ですから走行距離10キロというのは、新車同然の未使用車を買う為には、かなり厳し目のハードルとして丁度良いのです。

 

未使用車専門店に行くと、最初から未使用車として販売する為に、質の良い車を仕入れているので、新車登録直後のコンディションの物が少なくありません。

 

中古車販売店ですと、そのあたりは様々ですので10キロ未満を探すのは多少難しくなってくるかもしれません。

 

厳密に言うと5キロ以内

本当に純粋な意味で新車登録された車を未使用車として販売している場合は、走行距離5キロ以内で収まっているはずです。

 

新車の場合でも、

  • 完成検査で走行テスト
  • 積載車への上げ下ろし

を行うので走行距離数キロはいってしまうので、5キロ以内でしたら、ほぼ新車と言って良いコンディションだと思います。

 

10キロ以上

走行距離が10キロ以上となると、上記でも説明した通り何かの用途で使われた可能性が高く、純粋な新車登録されただけの未使用車とは呼びづらくなってきます。

 

それでも「30キロ未満」で抑えてあれば、かなり良好なコンディションで乗り始められるので、神経質な方でなければ許容範囲だと思います。

 

先ほど挙げていないケースだと、
一度新車として販売されたものの、ディーラーの不手際があって購入者とトラブルになって返品になってしまうケースなどがあります。

 

その場合は、下手すれば一度納品されていますので、ディーラーから購入者の家の往復などの移動が発生するので、どうしても走行距離が増えてしまうのです。

 

100キロ以上?

ですが、たまに走行距離が100キロを超えている未使用車というものがありますのでご注意ください。
それに関しては、おそらく「試乗車」として使われていたケースが多いです。

 

本来なら、試乗車として100キロを超えるような走行をした車に関しては、明確に「中古車」と表記して販売するべきだと思います。

 

まだ誰にも買われていない、ディーラーが名義人の車なので未使用車という判断もできないことはないと思いますが、通常、市場に出回っている本来の定義(ほぼ新車であること)を考えると、やはり中古車扱いで販売されるべき車だと思います。

 

ここらへんは、未使用車の正確な定義がないので、販売店さんのモラルに任せるしかないというのが原因なのかもしれません。

 

私たち消費者としては、販売店の「未使用車」という表記だけに頼らずに、どのような過程を経てなったのか?ということまで説明を聞いて購入を判断しましょう!

 

そのための参考情報として、走行距離や登録期間を活用しましょう。

 

メーター戻し走行距離の改ざんに注意!

悪質な中古車屋で昔多かったのが、走行メーターの距離数を改ざんする「メーター戻し」です。

 

一時期、ニュースなどでも話題になり社会問題化されたので、件数的には減ってきていますが、まだまだ完全になくなったとは言えません。

 

多いのは中古車ですが、未使用車でもメーター戻しが行われないとは言い切れないので注意しましょう。

 

ただ注意すると言っても、未使用車の場合はディーラーに持っていってメーターを調べてもらうわけにはいきません。

 

どこで判断するかと言うと、購入店の信頼度しかありません。
悪質な販売店の場合、店員からどうしてもその雰囲気が出てしまいます。

 

店員さんから溢れ出る詐欺っぽいオーラを感じたら、そのお店での購入は慎重に判断しましょう!


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!