未使用車を買うべき人

購入するのに向いている人

未使用車というのは、ほぼ新品同然のコンディションの車ですが、既に名義登録済みですので法的には新車扱いではありません。

 

また、倉庫に入れられた状態で1ヶ月〜半年ほど経過してしまいますし、その間に小さな傷が付かないとも言い切れません。

 

もしくは、そもそも小さな傷があったがために未使用車として販売されるケースもあります。
このように未使用車は、新車とは違って色々な「条件や過程」を経てきています。

 

ですから、まずは未使用車の特徴について、もう少し理解を深めてから購入するのに向いている人を検討してみましょう。

 

未使用車が向いている人

 

未使用車の特徴

まずは、主な特徴をあげてみたいと思います。

  • 分類:中古車(既にディーラー名義で登録済みのため)
  • コンディション:ほぼ新車
  • 走行距離:100キロ未満
  • 登録期間:1ヶ月から9ヶ月

といったところですね。

 

走行距離や登録期間は多少前後すると思いますが、中古車と違って誰かがオーナーになって乗られたわけではないので、走行距離も100キロいかないのが普通です。

 

もし100キロを超えるようでしたら、それは純粋な未使用車ではなくて、試乗車として使われていたものを下ろしたものかもしれません。

 

未使用車の定義は、良心的な販売店であれば上記のようなものになりますが、販売店によっては、かなり拡大解釈しているところもありますので気をつけましょう。

 

メーターが改ざんまでしていると見ぬくのは難しいですが、通常、走行距離を見れば、だいたいの見分けは付くと思います。

 

向いている人

それでは、未使用車の購入に向いている人ですが、

  • 新車を少し安く買いたい方
  • 純粋な新品でなくても構わない方
  • 小さいことは気にしない方

というような点が挙げられます。

 

見た目やコンディション的には新品同然なのですが、既にディーラーによって名義登録されてしまっているので、純粋な新車ではない。
つまり中古車扱いなのですね。

 

ですが、新車よりも値段的に安く買えますので、その点を許容できるという方は未使用車の購入に向いています

 

逆に向いていないという方は「新品しか買わない」というポリシーを持っている方です。

 

その方は価格面であまり妥協せずに、新車を購入された方が、長期的にみて満足度は高くなる傾向があります。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!