未使用車にかかる税金などの諸経費

税金・諸費用について 記事一覧

重量税が無料

未使用車は新車と比べて安いというのは有名ですが、一体どのような価格が安いのでしょうか?まずは「車両本体価格」ですよね。これは新車と比べて1割〜3割ほど安くなっている場合が多いです。しかも、登録月数が経過するほど、査定が下がっていきますので、1ヶ月目の未使用車よりも6ヶ月目のものの方が安く値付けされて...

続きを読む

自動車取得税も割安

自動車を購入する際には、いくつかの税金を支払わないといけませんが、未使用車の場合は重量税が無料になるのが大きなメリットの一つでした。さらに、50万円以上の車を購入する際に支払う必要のある「自動車取得税」という地方税がありますが、未使用車の場合は、この税金も割安になるというメリットを持っています。「取...

続きを読む

自動車税も激安

未使用車は、ほぼ新車にも関わらず「車両本体価格が割安」というメリットがありますが、購入時に必要な税金も出費を安く抑えることができます。例えば、重量税は無料取得税は残価率の分だけ新車より割安などがあげられます。さらに、このページで紹介する「自動車税」に関しても、新車と比べるとかなりお得になるのでチェッ...

続きを読む

自賠責も無料

新車を購入すると「車両本体価格」以外に、あれこれと諸費用がかかってしまい、合計では結構、高くなってしまいますよね。未使用を購入する場合は、既に新車登録済みということもあり、税金や保険料などで支払わなくても良い項目があるのです。無料になる代表的な費用項目をあげると、自動車重量税自賠責保険料の2つです。...

続きを読む

リサイクル預託金とは?

リサイクル法によって、自動車を購入する時に、将来その車を廃車する時に必要な費用を前もって支払うことが義務となりました。その費用のことを「リサイクル預託金」と言います。例えば、新車を購入する時には諸費用の項目の一つに、この欄があると思います。では未使用車の「リ預相当額」というのは、どういった意味なので...

続きを読む