未使用車の自賠責保険料は無料です!

自賠責も無料

新車を購入すると「車両本体価格」以外に、あれこれと諸費用がかかってしまい、合計では結構、高くなってしまいますよね。

 

未使用を購入する場合は、既に新車登録済みということもあり、税金や保険料などで支払わなくても良い項目があるのです。

 

無料になる代表的な費用項目をあげると、

の2つです。

 

重量税に関しては、他のページで紹介していますので、ここでは未使用車の自賠責保険について紹介したいと思います。

 

自賠責保険料

「自賠責保険」というのは、正式に言うと「自動車損害賠償責任」という長い名前が付いていますが、いわゆる「強制保険」のことですね。

 

車やバイクを所有する人が加入を義務付けられている損害保険です。

 

この自賠責というのは、新車登録する時に加入しなければなりませんので、未使用車の場合は、店頭に並ぶ前に既に「加入済み」ということになります。

 

つまり、これから未使用車を買う人は、支払わう必要がない。
無料ということです。

 

税金が無料になります

 

少し復習しておくと、ディーラーが販売台数を増やすために、自分で新車を購入してしまう車のことでしたよね。

 

購入するだけでは、販売台数に数えられないので、きちんと新車登録までディーラー名義でしてしまうのでした。

 

ですから、未使用車に関しては、既にディーラーの方で加入済みということになります。
なので、基本的には支払う必要がない費用になるのです。

 

注意点

ですが、これも他の諸費用と同じように、本来なら支払う必要がないのに、販売店が儲けようとして購入者に支払わせてくるところもあります。

 

これは未使用車を買う時に、よくあるトラブルなのです。

 

ですから、見積り段階で不明な費用項目については、きちんと説明を求め、不必要な料金に関しては削除してもらうよう交渉しましょう。

 

あとからクレームを付けたとしても、一度支払ったお金を返金してもらうには、かなりの労力を必要とします。

 

できれば、正式な契約を交わす前に見積もり書を、念入りにチェックするようにしてください。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!