中古車のステップワゴンを210万円(諸経費込)で購入

即日で購入決断したステップワゴンの値引き交渉

前回はモビリオからステップワゴンに買い替えたところまでお話しました。

 

ホンダのモビリオを買った時は新車で、メーカー系ディーラーにて購入しましたが、今回は色々なメーカーの中古車が売られている店舗に最初に入りました。

 

そこで気がついたことがあります。

 

中古車店には新車に近いものからオンボロまで置いてある

一口に中古車といっても、色々な状態のものがあるのだなとわかりました。

 

具体的には、

  • キロ数がかさんでいる車
  • 年式が相当古い車
  • 現在は絶版となっている車

など、本当の意味での中古の車がある一方で、

  • ディーラーで展示車として使っていたために、キロ数がほとんど進んでいない車
  • 試乗車として使っていたために、多少の使用感はあってもきれいに整備されている車

といった、新車にかなり近い状態の車までありました。

 

最初は中古車は検討していなかった

前回が新車だったこともあり、この中古車店には冷やかしのつもりで、「どんな車があるんだろう」という展示場みたいな感じで入店したのです。

 

すると、「新車に近い状態の中古車を、新車よりも安くかえたら良いかも」と思うようになり、中古車を選ぶという選択肢も考え始めたのです。

 

さっそく中古車を検討

購入したい車の条件としては、「家族が増えるために手狭になるモビリオの代わりに広く乗れる車」というのが第一条件でした。

 

その中古車の店頭にも、

  • セレナ
  • ヴォクシー

が置かれていました。

 

ただし、キロ数が結構いっていたのと、シートの跳ね上げ方などで不満があったため、今一つひかれませんでした。

 

なんとなく置かれたハイブリッドカーを見ながら考えていると、営業の方から、
「新車に近い状態のワンボックスカーを探しているなら、別の系列店にいい車がありますよ。」
とのことだったので、持ってきて見せてくれるという話に急遽展開しました。

 

それが今回購入に至るホンダのステップワゴンでした。

 

そのステップワゴンは、ディーラーの試乗車だったものが流れてきたもので、キロ数も伸びておらず、きれいな状態であるということで、とても期待が高まりました!

 

ステップワゴン

 

実車を見る前に、先に値引き交渉!

そして、まだ実際のステップワゴンを見る前だったのですが、購入を前提として、料金の交渉をすることになりました。

 

まず、最初の価格は「諸経費込260万円」でした。

 

新車価格を知る

私は一度、中古車店を出て、偶然近くにあったホンダのディーラーに向かいました。
徒歩でディーラーに行き、新車のステップワゴンの金額をはじいてもらい「諸経費込300万円」で頂きました。

 

再度、中古車店へ

その価格を預かった上で、再度中古車店へ行き、

  • 新車の見積もりを取ったこと
  • 中古車で買うならそれよりも50万円は最低でも安くしてもらいたいということ
  • 今乗っているモビリオの下取り分を含めて欲しい

という要望を伝えました。

 

そして、こちらの希望購入価格としては「諸経費込220万円」を提示したのです。

 

もう1店、別の新車ディーラーに行って見積もり

普通ならそこで決めちゃうところでしたが、ぐっとこらえてもう一度隣のディーラーへ行きました。
そして、下取りを含めてどこまで下がるか?もう一度聞いてみました。

 

ですが、下取り車の評価は決して大きなものでなく、「下取り分の10万円の値下げが限界」ということで、新車をあきらめ、最初の中古車店で購入することに決めました。

 

もちろん、最終的に決めるのは、実際のステップワゴンの状態を見てからです。

 

ステップワゴンが中古車店に到着

営業マンの言うとおり、目立つような汚れや傷は外も中も見当たりませんでした。
走行距離が4000キロちょっとありましたが、それでも状態は新車にほぼ近かったです。

 

即日決めてもらえるとさらに安くするということで、10万円さらに下げてもらい「結局210万円、諸経費込」で購入と相成りました。

 

結局、車購入で店を回り始めてから、購入に至るまで1日と掛からずに決定してしまいました。

 

買わなくてはいけないことは分かっていて、お金も用意できる状況だったので、先のばして価格の駆け引きするよりも、すぐに決めることで引き出せる値引きテクニックを使って、一気に購入したほうがよいと判断しました。

 

中古車店ということで、気に入った車がもし売られてしまったら、2度と出てこないかもしれないという点も、すぐに決めた理由の一つとしてあります。

 

自画自賛となりますが、「この即決で買うから値引き」は、交渉において思っていた以上に上手くいったと思います。

 

下取りに出したモビリオについて

ステップワゴン購入の際に下取りに出したモビリオですが、7人定員の3列シート使用ながら、実際は3列目のシートはほとんど使用せず、常に収納した状態で使用していました。

 

なので、3列目の状態は悪くなかったです。

 

ですが、空いた部分のトランクには時折飼い犬を入れることもあったので、犬の抜け毛がいくらガソリンスタンドで掃除したとしてもなかなか取れず、飼い犬の匂いもなかなか取れない状態でした。

 

犬の他、幼い子供2人もいたので、使用している車内のシートの状態もあまりいいとは言えませんでした。

 

走行距離は?

走行キロ数は約10万キロ、年間にして1万キロ以上になるので、走っているほうだと思います。

 

そういう状況だったこともあり、私たち夫婦の間では「値段がつくには値しないような車」と思っていましたので、わざわざ一括買取査定を行いませんでした。

 

過去に別の車の買取査定を行ったことはあるのですが、その時はネットで言われている結果とは逆で、買取店よりも下取りのほうが高く買い取ってくれたのです。

 

そのこともあって、今回売りに出す時は、初めから下取りのつもりで、それで値引きを引き出そうと思っていたというのもあります。

 

割と高く売れるかもと思っていた根拠

車を売る方としては何としても車を売りたいでしょうから、買取り業者としても、ちょっと状態がよくないとしても何とか値段は付けてくれるみたいです。

 

また、モビリオの中はひどい状態でしたが、外から見た感じからはそれほどひどい状態ではなく、2003年に新車で購入の車両なので外から見れば状態は良いように見えたと思います。

 

その上、当時は東日本大震災の津波の影響で自家用車が足りなくなっていると言われていたので、今回車を買うにあたっての下取り車としては、少し価値が上がっているかもしれないという淡い期待は持っていました。

 

結局、いくらで売れた?

実際にステップワゴンを中古車店で購入の際に、このモビリオで30万円くらいの値引きがありました。

 

逆に言えば、中古車店にとっても30万円以上の価値はあったということになります。

 

もちろん中古車店としてはステップワゴンを本気で売りたかったという点や、たった1日の商談で我々にその場での購入の意志があると強く感じたことも、この値段がついた一因かもしれません。

 

営業マンに今後このモビリオがどうなるか?とその後の使用用途を聞くと、「きれいにクリーニングをしてオークションに出す」と言っていました。
そこで30万円以上の値段が付くのでしょう。

 

もしかしたら、私たち家族が使っていたモビリオ、どこかで第2の人生を送っているのかもしれません。


5分で見つかる
1 ネットで未使用車を探す方法その1
市場に出回ってない未使用車をプロに提案してもらえます!


2 その2:カーセンサー、グーネットで見つける方法
知っている人だけがコッソリやっている方法とは?


3 その3:裏技的にガリバーを活用する方法
G社を裏技的に活用すると質の良い未使用車が見つかります!